Are you the publisher? Claim or contact us about this channel


Embed this content in your HTML

Search

Report adult content:

click to rate:

Account: (login)

More Channels


Channel Catalog


Articles on this Page

(showing articles 1341 to 1360 of 1510)
(showing articles 1341 to 1360 of 1510)

Channel Description:

舟木一夫さんをキイワードに無限大に広がるかも知れないブログです

older | 1 | .... | 66 | 67 | (Page 68) | 69 | 70 | .... | 76 | newer

    0 0



    イメージ 1


    昨日は東京・八芳園で、バースデー・ディナー・ショーが開催されました。
    舟友さんから、ショーが終わってお帰りの時のお写真をちょうだいしました。
    いつもありがとうございます


    イメージ 2


    イメージ 3


    古い雑誌からの舟木さんシリーズ。今回は1964年4月号掲載の記事から

    平凡 1964年4月号 
    表紙は舟木さんと本間千代子さん

    イメージ 4


    イメージ 5



    イメージ 11



    橋さんとのグラビア 歌舞伎「曽我兄弟」をモチーフにした企画。
    歌舞伎では、兄の十郎は温和な役柄、弟の五郎は暴れん坊キャラ。
    でも、舟木五郎は、あまり暴れん坊には、見えません(笑)

    イメージ 6


    イメージ 7


    イメージ 8


    ご近所の木瓜の花。寒くても時期がくるとちゃんと咲くんですね。

    イメージ 9


    2017年 中野ファイナルのDVDが届きました。組曲「日本の四季」が収録されていて嬉しい

    イメージ 10


    くちなしのバラード






    0 0



    今日は立春。東海地方は、暦通りの春の気配を思わせる日差しがあります。
    お花も飾って、春を呼ぶ気分に浸れました。でも、明日からはまた寒波がやってくるとか…

    イメージ 2


    昨日は節分でしたから、手づくりの恵方巻と福豆をいただきました。

    イメージ 1

    こんなお面をかぶって孫のももをちょっとビビらせて…(笑)

    イメージ 3



    さて、前回のつづき 平凡 1964年4月号掲載の記事です

    当時、スポーツ、映画、歌…それぞれの分野で大人気だった三人を主人公にした
    グラビアページのフォトストーリー。タイトルはもちろん「高校三年生」の中のフレーズから

    イメージ 4


    右下の拡大ボタンをクリックして読んでください。

    イメージ 5



    イメージ 6


    イメージ 7



    イメージ 8


    上記の記事の中でお知らせしている優待券

    イメージ 9


    イメージ 10


    イメージ 11


    舟木一夫コンサート2017ファイナルDVD

    オリコンランキング情報

    イメージ 12


    舟友さんから教えていただきました。大健闘ですね。
    たくさんの方に聴いていただきたい素晴らしいステージです。

    1月30日  オリコンランキング DVD音楽の部  6位
    https://www.oricon.co.jp/rank/dm/d/2018-01-30/

    1月31日  オリコンランキング DVD音楽の部  11位
    https://www.oricon.co.jp/rank/dm/d/2018-01-31/p/2/


    イメージ 13



    あありんどうの花咲けど 

    0 0



    水仙の 香やこぼれても 雪の上    加賀千代女

    イメージ 1



    ~樋口一葉 たけくらべより~

    龍華寺の信如が我が宗の修業の庭に立出る風説うはさをも美登利は絶えて聞かざりき、
    有し意地をば其まゝに封じ込めて、此處しばらくの怪しの現象さまに我れを我れとも思はれず、
    唯何事も恥かしうのみ有けるに、或る霜の朝水仙の作り花を格子門の外よりさし入れ置きし
    者の有けり、誰れの仕業と知るよし無けれど、美登利は何ゆゑとなく懷かしき思ひにて
    違ひ棚の一輪ざしに入れて淋しく清き姿をめでけるが、聞くともなしに傳へ聞く其明けの日は
    信如が何がしの學林がくりんに袖の色かへぬべき當日なりしとぞ。

    イメージ 2


    イメージ 3


    平凡 1964年4月号掲載の記事

    右下の拡大ボタンをクリックして読んでください

    どこをとっても舟木さんらしい純粋な想いが伝わってきますね。
    今もその「純情」が全然変わっていないのが、とっても素晴らしいしステキです

    イメージ 4


    イメージ 5



    イメージ 6



    イメージ 7



    イメージ 8



    花咲く乙女たち
    https://youtu.be/YLWGdrIQc9s






    0 0


    2018舟木一夫コンサート 大宮ソニックシティホール大ホール

    明日8日は、待ちに待った今年初めてのコンサート開催日
    私は、日帰りなので昼の部のみですが、楽しませていただきます。

    イメージ 1


    イメージ 2

    寒波も明日までで、一呼吸のようですが、雪の多い地方からかけつけられる皆さんもいらっしゃることでしょう。無事に会場に着くことができますように、お祈りしています。


    平凡 1964年4月号掲載 

    読者プレゼント応募記事とスクリーン情報

    イメージ 3


    ちなみに「コーヒータップ」ってなに?と思ったんですが、調べてみたら当時若い女の子に人気のあった缶入りキャンディーの名前でした。そういえば、ボンヤリと記憶があります(笑)下は、当時の広告

    イメージ 4

    *森永コーヒータップキャンディーが発売されたのは、1962年(昭和37年)のこと、おしゃれな缶入りのハードキャンディーで
    赤いタータンチェックのデザインが当時の若い女性たちに爆発的な人気を呼びました*


    どうやら、舟木さんと三田さんの写真入りの缶で特製の非売品みたいですね。


    イメージ 9


    スクリーン情報コーナー「仲間たち」(1964年3月14日公開)

    イメージ 5


    イメージ 6


    嵯峨野雪草紙  作詩:吉田旺 作曲:古関裕而
    https://youtu.be/U39m-nUhc5E
    (1975年 アルバム「暦/12カ月の愛の歌」より1月の詩)



    イメージ 7雪見障子の そのむこう
    音もたてずに 降る雪は
    おんなごころの みがわりか
    嵯峨野 尼寺 墨絵いろ
     

    長い黒髪 断ち切った
    わけは恋路の 果てなのか
    誰も知らないほつれうた
    嵯峨野 尼寺 細雪(ささめゆき)
     

    雪の枝折り戸 おしあけて
    七分びらきの 蛇の目傘
    色はむらさき おんな傘
    嵯峨野 尼寺 雪草紙


    イメージ 8





    0 0

    イメージ 1

    イメージ 2

    イメージ 3

    イメージ 4

    イメージ 5

    舟友さんからちょうだいしました。

    いつもありがとうございます

    0 0

    イメージ 1

    昼の部は2時開演。
    予定では休憩20分はさんで終演が4時でしたが一部が5分、二部が10分延長。終演は4時15分でした。


    取り急ぎセットリスト

    一部 着物で10曲

    着物はブルー系で小紋のように見えるアンサンブル
    へこ帯はグレー系
    足袋に下駄

    ~オープニング
    初恋

    あゝりんどうの花咲けど

    恋唄

    貝がらの歌

    夕月の乙女

    木挽哀歌

    京の恋唄

    恋人形

    夕笛

    吉野木挽唄~絶唱


    二部 三着のジャケットで21曲

    煉瓦色の地にグリーン系の細かな格子柄のジャケットで登場

    ~オープニング
    友を送る歌

    プレゼントタイム前半~メドレー

    眠らない青春
    くちなしのバラード
    雨の中に消えて
    花咲く乙女たち

    ジャケットを脱いで
    黒ベスト、黒パンツ、黒のシャツでスタンディング&サインボール打ち

    銭形平次

    ベストスタイルのままで

    日本の名曲たち~クレージーキャッツヒット曲メドレー

    スーダラ節
    ゴマすり行進曲
    ドント節
    五万節

    ちょっぴりフリも入れてお茶目な舟木さんが見られました

    ジャケットをかすかにラメが入ったような濃い紺色に着替えて


    プレゼントタイム後半~メドレー

    みんな旅人
    あゝ青春の胸の血は
    修学旅行
    仲間たち
    君たちがいて僕がいた
    高校三年生
    学園広場


    東京は恋する

    北国の街

    哀愁の夜/五番付

    その人は昔


    ~アンコール

    ジャケットはオフホワイトかな?淡いクリーム色のようにも見えましたが…

    高原のお嬢さん



    今年のツアーコンサート初日(舟木さんによれば)ということもありプレゼントがハンパなく多かったです


    詳細はまた後日に

    0 0


    イメージ 1

    2018 舟木一夫コンサート 大宮ソニックシティホール 昼の部

    舟木さんのトークを中心にご報告します。
    舟木さんのトーク部分はピンク文字


    一部 抒情歌系

    着物はブルー系で小紋のように見えるアンサンブル。 へこ帯はグレー系。 足袋に下駄

     ~オープニング
    初恋

    今日は今年のコンサートの初日ということでしてね。…あけましておめでとうございます(笑)
    今年から二部構成でお聞かせするんですが、二部構成になると、むしろ曲数が多くなるんですね(笑)一部はこういうものを(着物のソデをちょっと引っ張るカンジで)10曲ばかし、3、40分…。

    イメージ 2あゝりんどうの花咲けど

    今日は初日なんで、とにかく歌詞をとちらないように…(笑)
    ここらは歌曲系なのかな?3曲


    イメージ 10







    夕月の乙女

    木挽哀歌


    私も73(歳)ですからね…とご自身の周りの同年代あたりの方で骨折するかたが続出していることをあげて、ステージの中央の階段の×印についておしゃべり…階段の中央に白いマークがついているのを見て、スタッフに舟木さんが尋ねたそう。この「バツ」は何だ?と、スタッフの認識では「バツ」ではなく「エックス」(笑)世代間ギャップを感じさせるトークに会場も爆笑。私も最初、ステージの「×」に気づいて、あの「バツ」マークは何だろう?と思ったので舟木さんの仲間です(笑)
    足を踏み外さないようにという目印なんですね。
    スタッフも色々考えてくれてるようです…と舟木さん。特に下駄履きだと危険度が増しますから、見ている側のこちらも正直ハラハラします。

    「演歌」にはいろいろな字をあてます。うらみの「怨」、応援歌の「援」、炎というのをあてる「炎」っていうのも…。そんな中、つや歌と書く「艶歌」。あえて「えんか」と云わずに「ツヤウタ」と読む。ここでは、そんな「艶歌(ツヤウタ)」を。


    恋人形

    なんで、今年こういうものを一部でやろうと思ったのかというと、最近、流行歌の世界で、こういうのがなくなったから。もったいないなと…。今日、聴いていただいた歌はどれもみんな「古い」ですが、歌い手も「古い」(笑)そこへもってきて客席も…(笑)ナヤミは尽きない…(笑)古い同士で、仲良くやりましょう!と…こういうことで(笑)ラスト・ツーは「夕笛」「絶唱」




    吉野木挽唄~絶唱
    https://youtu.be/Umy4GTTpSKA

    ラストの絶唱は、階段の「バツ」マークの位置に立って歌われました(笑)





    一部は、こういう世界というのは、もう他では聴けないでしょう。…ということでステージにのせていく。また、聴く側も、歌を聴いてイメージできるのは同世代のお客さま。同じ世界観を共有できる空間があるのは嬉しい事。…そんな想いを伝えたいという舟木さん。
    本当に広い意味で、これらの歌は、どれも「抒情歌」と言っていいでしょう。流行歌というジャンルの中で、その色合い、香りなど独特の「抒情性」を感じさせる歌い手であるのが舟木一夫。昭和の流行歌史に抒情歌の第一人者として不動の位置を確立なさったということは間違いないとあらためて感じました。


    二部   青春と恋 日本の名曲たち

    煉瓦色の地にグリーン系の細かな格子柄のジャケットで登場

    イメージ 5 ~オープニング
    友を送る歌

    https://youtu.be/DZKhNZ8mtQ4

    最近になって、日が伸びてきましたね。ボクは、日が伸びてもあまりウレシクない。夜が短くなるので…。ボクらの世界はみんな夜型ですから。昔は、徹夜、徹夜でガンバってやってました。ニワトリのコケコッコーで起きるって昔は言いましたが、昔でもニワトリの声で起きる人なんていたのかな?…ということで二部の方にいきます(笑)

    プレゼントタイム前半~メドレー

    眠らない青春

    くちなしのバラード

    雨の中に消えて

    花咲く乙女たち

    イメージ 6


    こういうツアー・コンサートと一ヶ月公演のコンサートとはまた違うんですね。こういうコンサートはあまり新しい歌を入れてもお客さまの方はつまらない。ですから、毎年、ほとんど古い歌ばかり歌ってますね(笑)55年経ったワケですが、四の五の言っても「♪赤い夕陽が 校舎を染めて」なきゃなんない…(笑)いつも言うんですが、ボクはテレビがキライです(笑)まだトーク番組なんかで喋るのはいいんですが、歌うのが苦手(笑)

    イメージ 7なんだかこういう時の歌になってしまって申し訳ないんですが…ジャケットを脱いで。
    黒ベスト、黒パンツ、黒のシャツでスタンディング&サインボール打ち

    銭形平次

    この会場は、ボールが、なかなか2階まで届かない。一生懸命、頑張ってるんですが…と申し訳なさそう、あるいは悔しそうな舟木さんでしたが、とっても力強いラケットの振りっぷり、若々しくお元気でした。

    去年はすべて持ち歌でやってきたので一年ばかり中断したんですが、ほっておくのはもったいない「日本の名曲たち」なのでメドレーで4曲。ベストスタイルのままで


    日本の名曲たち~クレージーキャッツヒット曲メドレー


    ゴマスリ行進曲
    https://youtu.be/9IyyYqUhmtA



    意外と云えば意外な選曲ですが、ちょっぴりフリも入れてお茶目な舟木さんが見られました。「お呼びでない…こりゃまた失礼いたしました」「アッと驚くタメゴロー」「ガチョーン」等々、すっかり楽しんでいらっしゃいました。

    名曲中の名曲ですよね。歌わなくても聞いたことのない人はいない。でも、今、サラリーマンって気楽じゃないですよね。「五万節」…今はパチンコの玉をたばこに換える人はいない。換金ですね。ボクもたまに換金します。ほとんど負けてるからたまに…ですが(笑)
    いきなり二枚目の声で…♪あ~なただけが 生き甲斐なの♪…ッてなこと云われてその気になってと、まだ続けてる舟木さんがキュート(笑)いっそのこと、これも歌ってくれたらよかったのに(笑)

    ハイそれまでヨ
    https://youtu.be/8w-6uPw0TZY

    これは一度はやらなきゃいけないな…って思って。でもなんで、今年なのか?(笑)

    ジャケットをかすかにラメが入ったような濃い紺色に着替えて
    さてここからは…スタートに一番新しい曲「みんな旅人」を受け皿に。

    イメージ 9プレゼントタイム後半~メドレー

    みんな旅人

    あゝ青春の胸の血は

    修学旅行

    仲間たち

    君たちがいて僕がいた

    高校三年生

    学園広場


    イメージ 14


    ボクも73です。この先、とりあえず目標は75。ところで、あなたはいったいいくつになってるでしょう?(笑)といたずらっぽく客席に振る舟木さん。
    60周年までやっていくのを、皆さんもつき合って下さいね。ここから先は、恋の歌を…

    イメージ 11東京は恋する

    北国の街

    哀愁の夜/五番付

    イメージ 12
    その人は昔














    ~アンコール
    ジャケットはオフホワイトかな?淡いクリーム色のようにも見えましたが…

    高原のお嬢さん

    イメージ 1355周年の大仕事をすべて大盛況のうちに終えた舟木さんの次なる目標は、無事に75歳を「ステージ歌手として」迎えることができること。今年の「初日」のステージの素晴らしいこと、そして舟木さんが益々、若々しくカッコいいことに圧倒されたステージでした。目標は、75じゃなく60周年でも全く大丈夫!という勢いを感じました。
    それよりも、舟木さんが、ジョーダンめかしておっしゃった「ところで、あなたは…」の問いかけ、結構ガチで受け止めました(笑)
    とにかく、エネルギッシュで前向きな舟木さんに、ついていける体力、気力を持ち続けることですね。今年の寒波は、本当に否応なくトシを感じさせられましたので、健康に気をつけて、明るい気持ちで日々を過ごしていければ、なんとか舟木さんの背中を見失わずに旅を続けていけるんじゃないかと…舟木さんより7つも若いはずなのに情けないかぎりの私です(笑)チャンチャン!



    イメージ 15

    8日、コンサートが終わってお帰りのときの舟木さん。舟友さんからちょうだいしました。感謝
    舟木さん、手を高くあげてとってもゴキゲン!ご自身も手応えのあるコンサートだったんですね。
    お疲れさまでした


    イメージ 16



    イメージ 17

    来週の金曜日は練馬ですね



    0 0


    イメージ 12


    イメージ 13


    開催が決まっているものから、随時アップしていきます。
    黒字は終了公演)

    2018年ツアー・コンサート

    イメージ 1


    2月8日(木)大宮ソニックシティ  14時/18時
       
    2月16日(金)練馬文化センター  15時

       
    イメージ 2





    3月10日(土)全国縦断 にっぽん演歌の夢祭り2018 仙台公演  11時半/16時
    チケット 一般発売  11月17日(金)


    イメージ 3



    3月14日(水)宇都宮文化会館      15時

      
    3月19日(月)大田区民ホールアプリコ 15時
    3月20日(火)大田区民ホールアプリコ 13時


    5月1日(火)神戸国際会館こくさいホール 15時
    5月2日(水)神戸国際会館こくさいホール 13時


    5月8日(火)アクトシティ浜松大ホール   15時
    5月9日(水)アクトシティ浜松大ホール   13時


    5月17日(木)相模女子大グリーンホール 15時
    5月18日(金)相模女子大グリーンホール 13時


    5月23日(水)ベイシア文化ホール(群馬県)15時

    6月2日(土)岡山市民会館          15時
    6月3日(日)岡山市民会館          13時

    6月4日(月)広島上野学園ホール      15時

    6月14日(木)北とぴあ(東京都)       15時


    シアター・コンサート

    3月23日(金)中日劇場さよならコンサート 12時半/16時半

    イメージ 4



    3月28日(水)舟木一夫コンサート in 新歌舞伎座  17時 
    3月29日(木)舟木一夫コンサート in 新歌舞伎座    12時半/16時半

    イメージ 5



    新橋演舞場 シアター・コンサート

    12月23日(日・祝)舟木一夫コンサート in 新橋演舞場  14時/18時 
    12月24日(月)舟木一夫コンサート in 新歌舞伎座    13時
    12月25日(火)舟木一夫コンサート in 新橋演舞場  13時/17時


    イメージ 8


    イメージ 6

    ラブリー・コンサート  各1回公演


    4月23日(月)   ラブリー・コンサート  大阪メルパルク 15時 


    4月27日(金)   ラブリー・コンサート  東京メルパルク  15時


    イメージ 7


    7月 名古屋御園座  舟木一夫特別公演



    イメージ 9


    昭和の名曲「音の楽園」(コロムビア・マーケティング株式会社発行)18年春号掲載

    イメージ 10


    イメージ 11





    0 0



    イメージ 2




    イメージ 1


    今年もやってきました。バレンタインデー。…といっても私たちの青春時代とはずいぶん
    意味合いが様変わりしてしまった感があるような…

    さて、アトランダムに手持ちの古い資料から舟木さん関連の記事をアップしていますが
    今日は、1964年1月号の平凡から。「クリスマス号」なので時期外れでスミマセン

    イメージ 3

    当時としてはカラー写真は巻頭にちょっとあるだけなので貴重といえば貴重な資料かも…

    イメージ 4


    舟木さんのデビュー当時のペットネームは「ヤエちゃん」だそう…なんだかひねりがない?
    実際に、「ヤエちゃん」なんて呼んでいたファンがいたのかどうか?(笑)
    ニックネームをつけることで親しみを呼び、アイドルとして売り出そうという作戦のひとつだったのかも

    イメージ 5


    「懸賞」でいろんなプレゼントがもらえるという企画もなんだか懐かしい昭和の香りです


    イメージ 6



    イメージ 9



    イメージ 7



    湯島の白梅  作詩:佐伯孝夫  作曲:清水保雄
    https://youtu.be/h948yC-4coI
    (1978年2月 ふれんどコンサート・ライブ・アルバム収録)

     

    イメージ 8湯島通れば 想い出す
    お蔦主税の 心意気
    知るや白梅 玉垣に
    残る二人の 影法師

    セリフ
    お蔦 俺と別れてくんなよ
    無理は承知なんだ
    真砂町の先生のいいつけなんだヨ
    たのむ 俺と切れるといってくれ
     なぁ なぁ… お蔦

    忘れられよか 筒井筒
    岸の柳の 縁結び
    堅い契りを 義理ゆえに
    水に流すも 江戸育ち

    青い瓦斯燈 境内を
    出れば本郷 切り通し
    あかぬ別れの 中空に
    鐘は墨絵の 上野山



    0 0



    イメージ 1



    本日の会場の東京・練馬周辺も春らしさを感じさせるのかな?
    舟友さんから、ちょうだいしました。ちょっと逆光になってしまったようですが
    お元気そうな舟木さんでウレシイですね。皆さんいつもありがとうございます。
    今日は、15時からの一回公演です。お出かけの皆さんたっぷり楽しんでくださいね


    イメージ 2


    イメージ 3


    イメージ 4





    0 0



    近所のスーパーに行く途中で見つけた白梅

    イメージ 1


    イメージ 8


    昨日の練馬区民ホールでのコンサート、一回公演ということもあるのかな?
    チョー満員の大盛況だったそうです。皆さん、素晴らしいステージを堪能なさったことでしょう。

    お帰りの時も最後まで車の窓を開けて手を振って見送りのファンにこたえてくださったそうです。

    イメージ 2


    イメージ 3


    平凡 1964年1月号掲載の舟木さん。つづきです。

    フォト・ストーリー
    「学園広場」「高原のお嬢さん」などの作詩者である関沢新一さんによる物語
    日活映画「学園広場」とは関係ありません。と断り書き付(笑)
    「フォト・ストーリー」としては珍しく文学的表現で書かれた異色の作品という印象です。
    脚本家でもある関沢氏の筆力をあらためて感じさせられます。
    伏し目がちの詰襟の舟木さん。今見ても、ホントに胸キュンキュンですよね。

    イメージ 4

    右下の拡大ボタンをクリックしてお読みください。

    イメージ 5



    イメージ 6



    イメージ 7


    学園広場




    0 0



    イメージ 1

    平凡1964年1月号掲載の舟木さん つづきです


    吉永小百合さんとの対談記事

    映画での共演はなかったですが、さすが、映画と歌で、それぞれ人気ナンバーワン
    のお二人でしたからこういう雑誌の対談は多いですね。

    イメージ 2



    イメージ 3



    イメージ 4



    イメージ 5


    以前にご紹介した1964年4月号「学園訪問では、」青山学院・高等部でしたが、
    この号の第一回目の「学園訪問」では、舟木さんの母校「自由ヶ丘学園」を訪問なさっています。

    イメージ 6



    イメージ 7


    舟友さんからTV出演の情報を教えていただきました。


    BSフジ 「水前寺清子 情報館」2月24日(土)13:00~14:55


    イメージ 8

    舟木さんがどの時間帯で何分ほど出演なさるのかは、私はわからないんですが、先週土曜日(2/17)にちょっと時間がとれたのでチャンネルを合わせて途中からチラッとこの番組を拝見させていただいたらピーターさんがお料理のアシスタントをされている「イケメン・れすとらん」のコーナーをやっていました。
    「運命の瞬間! スターのターニングポイント」というコーナーが、番組の前半部にあるので、もしかしたら舟木さんのご出演は、そのあたりかな?先週は、小金沢昇司さんという歌手の方がゲストのようでした。でも、その部分は見てなかったので…スミマセン。


    イメージ 9水前寺さんと舟木さん…デビュー当時のレコード会社も違いますね。私の記憶では、水前寺さんがデビューされた当初は、いつも西郷輝彦さんと一緒の歌番組に出ていらしたような気がします。西郷さんと同じレコード会社だったからか、事務所が同じだったのか…そういうことにはトント疎いので全くわからない私です(笑)

    でも、ひとつとっても不思議なインパクトを覚えた番組がありました。視聴率トップクラスの「ラブラブショー」…???

    舟木さんと水前寺清子さんの組み合わせをリアルタイムで観てました。ハテナマークがいっぱいの私だった記憶があります(笑)

    そういえば、舟木さんの数年前の一ヶ月公演の時にTVの取材で楽屋が映ったときに、水前寺清子と書かれたお祝いのきれいなお花がカメラに写り込んでいるのを発見したことがあります。番組でおふたりのどんなお話しが聞けるか楽しみですね。




    ラブラブショー 〜フジテレビ30年史

    そうそう、こんな番組でしたね。ここからホントに結婚にゴールインされたカップルも出たんですね。







    0 0


    わがやの裏庭の花あしび、どれだけ寒くても毎年同じころに律義に花を咲かせるのがスゴイ!

    イメージ 1



    イメージ 2



    大和路・信濃路    堀辰雄  (青空文庫より)
    http://www.aozora.gr.jp/cards/001030/files/4806_14952.html

    あしび(アセビともいいます)について記された「浄瑠璃寺の春」 の一節

    この春、僕はまえから一種の憧れをもっていた馬酔木あしびの花を大和路のいたるところで見ることができた。
     そのなかでも一番印象ぶかかったのは、奈良へ著ついたすぐそのあくる朝、途中の山道に咲いていた蒲公英(たんぽぽ)や薺(なずな)のような花にもひとりでに目がとまって、なんとなく懐かしいような旅びとらしい気分で、二時間あまりも歩きつづけたのち、漸やっとたどりついた浄瑠璃寺の小さな門のかたわらに、丁度いまをさかりと咲いていた一本の馬酔木をふと見いだしたときだった。けさ新薬師寺のあたりを歩きながら、「城門のくづれてゐるに 馬酔木 ( あしび ) かな」という 秋桜子の句などを口ずさんでいるうちに、急に 矢も 楯もたまらなくなって、此処に来てしまった。


    今回は平凡1965年10月号掲載の舟木さん。これまた時期外れでスミマセン

    表紙は西郷輝彦さんといしだあゆみさん

    イメージ 3


    10月号発売は8月の25日頃かな?
    7月発売の「渚のお嬢さん」が、この時期に掲載ってちょっと遅くない?(笑)

    イメージ 4



    渚のお嬢さん



    舟木さん主演の映画案内は「東京は恋する」(1965年4月発売)

    イメージ 5



    イメージ 6





    東京は恋する




    イメージ 7




    舟木一夫コンサート 2月28日(水)福岡市民会館(*2017年の振替公演) 
    九州地方の皆さんお待ちかねだったことでしょうね


    イメージ 9



    舟木さんのご出演じゃないそうですが2月27日(火)12時 「徹子の部屋」
    長谷川稀世さん、かずきさんの母娘が出演されます。舟木さんの話題も出る?とか
    それにしても、皆さんの舟木さん関連の情報収集力にはビックリ!です。感謝。


    イメージ 8


    オマケ! 2017年12月24日 新橋演舞場公演千穐楽 夜の部コンサートで歌唱された曲を

    その時はこんな構成で…ガラスの架橋 ~太陽がいっぱい~ENDーFINーFINE~太陽がいっぱい~

    END-FIN-FINE (ラストシーン)
    https://youtu.be/UYfABacsAHA
    (オフィシャル音源:「WHITEⅢ」1998年5月 収録)
    作詩・作曲:上田成幸

    イメージ 10花びらごしに 春は逝き
    わたしひとり 旅の果て
    醒めたまなざし 冷えた愛
    空の碧さ つきぬける
    見つめすぎたと 気づくのが
    求めすぎたと気づくのが・・遅すぎて

    あの人ごしに 春は逝き
    わたし ぽ・つ・ん 海の果て
    身知らぬ異国(くに)の潮風(かぜ)の中
    肩の陽射し 昼さがり

    哀しみごしの さんご礁
    わたしふっと 瞳(め)をふせる
    とまったままの 腕時計
    わたしそっと 瞳(め)をあげる

    こんな明るい海でなら
    沈むつらさもないようで・・立ちつくす

    END-FIN-FINE(ラストシーン)は あざやかに
    けれどやっぱり ありふれて
    あの人ごしの あれこれが
    波に映えて 昼さがり

    責めるつもりはないのです
    うらむつもりもないのです・・・さようなら

    花びらごしに 春は逝き
    心 ぽ・つ・ん 空の果て
    あなたのために 生きたこと
    生命(いのち)かけて 忘れない







    0 0

    イメージ 1

    イメージ 2

    イメージ 3

    イメージ 4

    イメージ 5

    見る前は舟木さんの出番はスターのターニングポイントだけかなと思っていたら、最後までずっといらっしゃいました。

    いつもと変わらない、舟木さんのあのカンジ(笑)

    水前寺さんもピーターさんも舟木さん大好きっていう空気でしたね。

    こういう情報番組に舟木さんが出演なさるのは珍しいですね。

    取り敢えず写真を5枚だけアップしときますね

    0 0


    ご近所の庭に毎年咲く濃いピンク色の梅の花

    イメージ 1


    またまた舟友さんからいただきました情報です。
    もしかしたら舟木さんと、3月あたりにまたTVでお目にかかれるかもです。


    由紀さおりさんのオフィシャルブログに舟木さんと由紀さんとのツーショット

    由紀さおりオフィシャル・ブログ
    https://ameblo.jp/saori-yuki/entry-12353927123.html

    イメージ 2


    2月18日「本日の収録は」というタイトルで「舟木さんがサプライズ…」でとの情報がアップされていたとのことです。風のウワサでは、里見浩太朗さんがゲスト出演される回の収録に、舟木さんがサプライズで遊びに来られたみたいですね。
    その収録番組というのは、昨年、舟木さんも出演された「BS-TBS 由紀さおりの素敵な音楽館」かな?確かな情報は、また後日わかれば、お伝えしたいと思います。舟友さんに感謝



    イメージ 3



    昨日の「水前寺清子情報館」出演のアナウンサー中田有紀さんのブログに
    出演者の皆さんと舟木さんのお写真がアップされています

    中田有紀のオフィシャル・ブログ

    イメージ 4



    0 0


    イメージ 1



    リアルタイムで視聴して、携帯で撮影したものですのできれいじゃなくすみません。
    録音もしてませんので、聞き取りメモから記事にしました。
    いつもながらズボラな私で申し訳ないですが、とりあえずアップしますね。


    先ずはMCの水前寺さんからゲストの舟木さんのご紹介…
    本当に素敵な方でございます…ファンとしては、ウレシイご紹介の言葉ですね。
    カラフルな色模様のジャケット風セーター、スニーカーもブルー系でコーディネート。
    若々しく、春らしい装いがステキでした。

    イメージ 2


    舟木さん流のテレかくしのリコメントに水前寺さんもこんなお顔でリアクション(笑)
    終始こんなカンジで、昭和の歌謡界を華々しく彩ったお二人のやりとりが楽しかったです。

    イメージ 3


    水前寺さんの舟木さんスキスキ感が伝わってきて、なんかとってもウレシかったです。

    イメージ 4


    イメージ 5


    イメージ 6


    そして、ピータ―こと池畑慎之介さんは、「慎さんと呼んでくださるんですよ」とこれまた嬉しそう…
    舟木さんは、それにチョーシづいて?水前寺さんのことを「きよこちゃん」と(笑)



    この日の番組ラインナップ

    イメージ 7



    スターのターニングポイント

    イメージ 8


    内容的にはファンなら皆さん承知の上のことでしたが、ナマ番組だったら何度でも聴きたい…(笑)


    イメージ 9


    イメージ 10


    イメージ 11


    イメージ 12



    水前寺さんの御夫君が昔、舟木さんのバックで指揮をなさっていたというお話もありました。


    イメージ 13



    3打席目は30周年。この時に、同世代の方だけを向く…と決めた。

    イメージ 14

    この「銭形平次」の写真を見て、水前寺さん、ピーターさんたちが口をそろえて「綺麗だ!」
    ピータ―さん、「梅川・忠兵衛」(「恋そめて風の花」新歌舞伎座)で舞台共演したことを話されました。
    舟木さんの忠兵衛を「ホントにきれいなの」…とピーターさん。舟木さん、大いに照れて恐縮する(笑)

    イメージ 16



    イメージ 15


    中田アナウンサーが「冬の時代も、あったそうですが…」

    下積み時代がなかったのが最大のウイークポイントだった。と舟木さん。
    高熱に浮かされてたのが、平熱に戻って、平熱で世の中を見られた。

    ご破算で願いましてはを…をしなくてはとてもやっていけない。
    節々、ポイント、ポイントをつないでいかないと…

    でも、舟木さんは、美しくずっとやってこられたと後輩はみんな思ってる。
    男らしい、大好き!こういう人!
    …とまたまたウレシイ水前寺さん言葉。

    遊び人だった親父のおかげで乱暴な生活させられたから極端に打たれ強い!

    スゴイです。大好き! またまた水前寺さんの「大好き!」が炸裂!(笑)

    疑惑をはらしたい…こんなコーナー初めてですね~!(笑)

    イメージ 17


    イメージ 18

    ピータ―さんがご丁寧もチェック!疑惑は「単なる疑惑」と証明。
    舟木さんの表情に注目!(笑)

    イメージ 19


    イメージ 20


    コンサートの映像で反証(笑)

    イメージ 21

    口パクじゃない証拠に、プレゼント受け取る時、ガサガサ音入れたいですね。

    この年代で全然変わらず声が出るから、みんな不思議に思って「口パク疑惑が…」

    ピータ―さん、水前寺さんたち、番組出演者の皆さんが、揃っておっしゃってました。

    舟木さんも参加のカルチャースクール
    マスクは全然しないとコンサートでもおっしゃってる舟木さん
    モデルにされてました(笑)

    イメージ 22


    イメージ 23


    イメージ 24


    ピータ―さんのイケメンレストランのコーナーにも参加なさった舟木さん。
    2時間ずっと出ずっぱりでした。
    こんな番組での舟木さん、私は初めて拝見しましたから面白かったです。

    イメージ 25


    簡単そうだから家でも作れそうでした。

    イメージ 26


    舟木さんはイチゴとマスカルポーネの白和えを召し上がりながら「ご飯ないの?」
    …っておっしゃったような…(笑)


    イメージ 27


    次は「カラオケ人生劇場」コーナーで審査員。NHKの「のど自慢」とはちょっと違う切り口の審査?

    イメージ 28


    イメージ 29


    やっぱりカワイイお子さんが登場すると舟木さんのお顔がとってもやさしくなるんですよね。

    イメージ 30


    予想通り、舟木さんは3番のお嬢ちゃんに1票!

    イメージ 31



    イメージ 32


    大学生レポーターが、舟木さんのコンサートの紹介で
    今回は「口パクじゃないんですね」に舟木さん、オーバーなリアクション。大爆笑!

    イメージ 33


    水前寺さんがぜひ行ってください。とプッシュ。
    舟木さんのコンサート。お客様がとってもいいんですよ。
    とこれまたウレシイお言葉を添えてくださいました。
    水前寺さん、ありがとうございま~す

    イメージ 34


    中野ファイナルのDVDの宣伝テロップには、ぼくのことは気にしないで…と
    相変わらず、ご自分のことをPRするのはニガテのご様子(笑)

    イメージ 35


    最後は「髪の毛の知識!」

    イメージ 36

    2時間のナマ放送。一曲も歌わないでTV出演というのも勝手が違ってお疲れでは?(笑)


    イメージ 37

    最後になってから、なんだか、おふたりともリラックスしてるような…(笑)

    イメージ 38


    やっぱり最後の最後の〆は、このステキな笑顔ですよね~


    イメージ 39




    放送終了後の記念写真


    イメージ 40





    0 0



    イメージ 1


    本日は2017 舟木一夫コンサートの振替公演が福岡で開催されています。
    舟友さんから、舟木さんのお元気なご様子のお写真をいただきました。
    いつもありがとうございます。楽屋入りの頃、福岡は小雨模様だったようですね。


    イメージ 2


    イメージ 3


    雨の具合を確かめている舟木さん。小雨なら傘はいらないね…ってカンジ。

    イメージ 4


    イメージ 5


    イメージ 6


    ここでちょっとしたハプニング?!舟木さんを降ろしたばかりのタクシーがバックしてきて
    舟木さんのお尻に危うくニアミスしそうになって、お出迎えのファンの皆さんの「あ~ッ!」
    っていう「警報みたいな声」がしたので、危険に気づいてこんな防御姿勢をとった舟木さん。
    運転手さん、くれぐれも気をつけてくださいね!危機一髪でした。でも、ホントに良かったぁ


    イメージ 7


    ホッとして(^▽^)/っていう舟木さんの表情

    イメージ 8


    イメージ 9



    イメージ 10



    イメージ 11



    イメージ 12



    イメージ 13


    昨日の「徹子の部屋」のゲストは長谷川稀世さん、かずきさん母娘
    稀世さんのお連れ合いが事故に遭われた時、力づけてくださりその後も
    何かと気遣ってくださった舟木さんとのご縁も少しだけ話されました。
    バックのお着物は長谷川一夫さんのデザインされたものだそうです。

    イメージ 14


    昨年の新橋演舞場公演の時の楽屋風景
    バックに舟木一夫と写ってました。手ぬぐいの熨斗紙かな?

    イメージ 15

    残念ながらコメントはなくて、お写真だけの登場でした。

    イメージ 16



    0 0


    3月に入り、西日本は風は強いものの春らしさも感じられるようになりましたが、
    北海道は猛吹雪とのこと。大きな被害が出ませんように

    イメージ 1


    イメージ 2


    本日は大分での振替コンサート。
    2017年、55周年バージョンのコンサート開催です。
    舟友さんから舟木さんのご様子のお写真をちょうだいしました。感謝
    楽屋口のシチュエーションが一般通路に面した場所のようで遠くからの舟木さんですね。

    イメージ 3


    イメージ 4

    歩道を通られる歩行者の方を気遣って交通整理係の舟木さん。

    イメージ 5


    イメージ 6


    イメージ 7


    イメージ 8


    イメージ 9

    今年も沈丁花が甘い香りで春を届けてくれています。

    イメージ 10



    イメージ 11




    0 0



    イメージ 1



    イメージ 10


    東海地方は風も比較的穏やかであたたかな陽射しとなりました。
    今日はひな祭りですね。わが家では昨晩、一日早い節句のお祝いをしました。

    イメージ 2


    イメージ 3


    イメージ 4


    イメージ 5


    さて、ちょっと間が空きましたが古い資料の舟木さんです。

    平凡1965年10月号のつづきですが、その2ヵ月前の8月号と連動したページがありました。

    8月号の表紙10月号の表紙
    残念ながら表紙は舟木さんじゃなく橋さんと西郷さん(笑)

    イメージ 6イメージ 7


















    8月号で舟木さんのコロ・シートが当たるプレゼント記事、10月号で当選発表という記事

    先ずは8月号

    イメージ 8


    イメージ 9



    コロシート 2集 舟木一夫ヒット曲集 ステキな20才の歌声

    (1)あゝ青春の胸の血は
    (2)君たちがいて僕がいた
    (3)花咲く乙女たち
    (4)火消若衆
    (5)右衛門七討入り
    (6)右衡門七節
    (7)おみこし野郎
    (8)木挽哀歌
    *発売年月日:1965.5.10





    10月号の当選発表記事

    イメージ 11






    0 0


    今が盛りの梅。白梅から紅梅まで、色の濃淡は様々です。
    昨日の日曜日の午前中、散歩大好きな孫のももと二人で
    かなり遠くまで散歩していて出会った梅たちです。


    イメージ 1


    イメージ 2


    イメージ 3


    家のすぐそばの神社の境内の白梅にはメジロもやってきてましたが
    逆光で真っ黒になってしまい撮れませんでした。残念!


    イメージ 4

    ネットからお借りした画像です。こんな小鳥です。カワイイ

    イメージ 5


    イメージ 6


    ふるさとは屋敷町




    さて、平凡 1965年10月号掲載の舟木さんのつづきです

    今年初めに戌年にちなんでこのグラビアページの一部をアップしていますが、あらためて…


    イメージ 7


    「今年もダメかしら・・・・」実現しそうでなかなかできない二人の共演映画。
    ファンならずとも、この顔合わせを願ってることでしょう。

    左上の文字部分、ボケてしまったので
    (*見開きp2の左側のページ)

    イメージ 8


    (*見開きp2の右側のページ)

    イメージ 9


    10月号その2でアップした8月号のプレゼント企画で松山まさる(現・五木ひろし)さんが写ってます。
    その、松山まさるさんを先輩歌手の舟木さんが紹介ししている記事です。
    小さな写真ですが、若い頃のお二人のめずらしいツーショット。

    本の内側の記事部分が見づらいので下に書き込んでおきますね。

    ①2人は、ともにディレクターが同じ(栗山章さん)で、いわば義兄弟といったところでしょうか。

    ②と、松山くんをはげましていました。「いい先輩をもって、ほんとに幸せ者です。舟木さんをみらって、立派な歌手になりたいです。」


    イメージ 10




older | 1 | .... | 66 | 67 | (Page 68) | 69 | 70 | .... | 76 | newer